土木構造物標準設計図集

平成27年12月改定版

広島県制定「土木構造物標準設計図集」取扱要領

1 目的

広島県制定「土木構造物標準設計図集」(以下「標準設計図集」という。)は,広島県土木建築局が施工する土木工事の共通的な構造物の標準化と規格化を図り,土木工事の設計,施工,積算,契約等における業務の簡素化,ならびに構造物の精度の向上を図ることを目的とする。

2 適用

この標準設計図集は,共通的な構造物の設計条件にもとづいた構造を示したものであり,特別な設計条件に係る構造物には適用出来ない。

3 取扱い

この標準設計図集による場合,設計記号を設計図書に記載することで,構造図を省略する。

参考図については,一般的な構造を示したものであり,使用にあたっては監督職員の承諾を得ること。

4 記載事項

この標準設計図集の記載事項について次により補足する。ただし,別途記載がある場合は従うこと。

[コンクリート] レディーミクストコンクリート使用区分1 号(土木工事共通仕様書広島県による)

[敷モルタル] 配合1:3(セメント:砂)

[基礎材] 道路用砕石(クラッシャラン40〜0mm)

[寸法値] 特に記載のない寸法値の単位はmm

また,この図集に収録しているセメントコンクリート製品は一般的な製品の寸法を表したものであり,製品を特定するものではない。

改定及び修正のお知らせ

<平成28年02月10日>

大変ご迷惑をお掛けしますが,一部修正があります。

PVC-(各種)

鋼製グレーチング-ノンスリップかさ上げ-

台付鉄筋コンクリート管(バイコン台付管)